• あなたに合った脱毛器の選び方

    家庭用の脱毛器の種類は5つほどあります。
    皆さんが良く知っているのはレーザー脱毛器や、光脱毛器でしょう。


    このほかに余り聞き慣れませんが、サーミコンやバルジ式、超音波・高周波などがあります。
    これらのなかで、自分にあった物をどうやって選べば良いでしょう。

    それは痛みが少ないことか、効果が短時間で得られるかで選ぶべきです。
    レーザーで脱毛するものは、毛のメラニン色素にレーザーを当てて、毛根にダメージを与える機器です。


    光もレーザーと同様に、光をメラニンに当てて毛根にダメージを与えます。
    サーミコン式は脱毛ではなく、毛を焼いてしまう除毛です。
    バジル式は発毛因子の幹細胞にダメージを与えて毛の再生を止めてします。

    高周波は毛を摘まみ、高周波の電流を流すことで熱を発生し、毛根の周りの組織を破壊して痛みや抵抗を少なくしてから引き抜く方法です。
    レーザーは一番効果が高いとされながら、一番痛みも伴います。


    特に足のすねなど骨に近い部分やデリカートゾーン、脇などに使うとかなりの痛みを感じます。
    光やサーミコン、それにバジル式と高周波などはレーザーに比べると痛みは少なくなります。また、レーザーは照射面積が狭いので、処理に回数が増えて時間が掛かります。
    光も痛みは感じますが、レーザーよりも少ないようです。

    光は照射面積も広いので、回数も少なくて早く処理できます。

    高周波は光を使わずに脱毛するものなので、顔の部分に使用に向いています。

    【レコメンド】脱毛器といえばこちらのサイトです。





  • 知りたい情報

    • 脱毛器といってもいくつか種類があり、代表的なものはレーザー方式とフラッシュ方式そして熱線方式の3種類が挙げられます。脱毛できるとは名ばかりのものもあるため、購入する前にしっかりとチェックすることで後悔せずに済みます。...

  • 美容の事柄

    • 手軽に自宅で脱毛できる脱毛器、コスパの面でも優れることから購入を検討する方が増えています。しかし、選ぶときには高価な商品だけに失敗はしたくないもの、抑えておくべきポイントは、脱毛方法、照射範囲と速度、そして脱毛可能な部位です。...

  • 耳より情報

    • 毛が生えてこない状態にする為には、クリニックや脱毛サロンで、脱毛の施術を受けることが有効です。シェーバーで剃ったり、毛抜き等で抜いても何度も繰り返し生えてくる毛でも、本格的な脱毛器による施術を受ければ、再生しない状態へと変わっていきます。...

  • 読めば解る

    • 家庭用脱毛器には、光脱毛方式とレーザー脱毛方式の二種類があります。光脱毛方式は、特殊な強い光のフラッシュを皮膚に当てることによって、毛根の中の毛が生える組織に直接働きかけ、毛の発毛速度を落とす効果を期待することができます。...