• 脱毛器で失敗しないため抑えておくべきポイント

    手軽に自宅で脱毛できる脱毛器、コスパの面でも優れることから購入を検討する方が増えています。

    しかし、選ぶときには高価な商品だけに失敗はしたくないもの、抑えておくべきポイントは、脱毛方法、照射範囲と速度、そして脱毛可能な部位です。

    家庭用脱毛器の脱毛方法は、フラッシュ方式とレーザー方式があります。
    どちらの方法も脱毛したい部分に強い光を当てることで毛根にダメージを与え、ムダ毛が生えてこないように処理します。フラッシュ方式は痛みがほとんど無いため、痛い思いをしたくない優しく脱毛したい方におすすめ、照射範囲が広いため打ち漏らしも少ないのです。

    レーザー方式はパワーが強く、効果が早くあらわれ、持続することが特徴、脱毛効果が強いのです。


    しかし、パワーが強いぶん、少々痛みがあるのです。高い脱毛効果を期待するなら、レーザ−方式が良いでしょう。
    脱毛器を選ぶとき照射範囲と速度は重要です。照射速度が速く照射範囲が広ければ、あまり時間をかけずに広い範囲を脱毛することができます。家庭用の脱毛器はコンパクトで業務用より照射範囲が狭くパワーが控えめなので、打ち漏らしによる残り毛が残りやすいのです。何度も同じ場所に照射すると、肌荒れなどの肌トラブルの心配もあるのです。

    脱毛可能な部位の確認も大切、機種によっては顔やVIOラインを脱毛できない機種もあるのです。
    せっかく購入しても、脱毛したい部分が処理できないのでは悔しい思いをしてしまいます。


    脱毛可能な部分は、必ず確認しておきましょう。